フォト

おしらせ

  • 皆さんから頂いた貴重なコメント、トラックバックですが、中には対象記事と関係ないと思われるものもあります。その様に投稿者(殆どの場合私ですが)が判断した場合、予告なく削除する場合があります。ご了承願います。
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

« 電脳奥様最終回 | トップページ | 鶴屋吉信 »

2004-09-05

おわら風の盆

最近知りました、「おわら風の盆」。
出張者が「この時期はホテル取れないから大変だ」と言っているのを聞いて、初めてこの行事を知りました。
9/1〜3まで、富山県八尾町で開かれると聞いたのですが、場所がどこか分からないし、踊りもあまり興味が無いので行こうとは思っていませんでした。
すると最終日(9/3)の朝、フジテレビ「めざましテレビ」でこれがほんの少し紹介されました。顔を隠す様に笠を深くかぶり、もの悲しげな音楽で踊るとの事。三日間で25〜30万人が訪れるとの事。すこし興味が出てきました。
けど、その日も夜9時過ぎまで仕事。気になるけど体は疲れているし。しかし、この機会を逃すともう見る事はできない様な気がして、間に合わないかもしれないけど出かける事にしました。
まずはカーナビでそこまでの道を検索。驚いた事に、家から二十数キロと非常に近い事が判明。10時半には到着してしまいました。
何となく明かりのある方向に歩いていくと、道路脇に座って待っている人が沢山いました。どうやらここで踊りがあるらしい。この踊りは決まった時刻に始まる訳ではないそうで、町中を歩いて移動しながらあちこちで行われる踊りを見て楽しむスタイルらしいです。
暫く待っていると、公民館の前で一人の男が台の上で踊り始めました。そして一人、二人と踊り手が増え、女性も数人踊り出し、盛り上がってきたなと思ったらいきなり終わり。町流しが始まるためでした。三味線、胡弓、太鼓を先頭に、踊り手が続いて、町を歩きます。聞いた通りの静かな音楽、勇ましい男踊り、とても良かったです。
一通り町を見て歩き、帰宅したのが午前3時。貴重な体験でした。

« 電脳奥様最終回 | トップページ | 鶴屋吉信 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6457/1366023

この記事へのトラックバック一覧です: おわら風の盆:

« 電脳奥様最終回 | トップページ | 鶴屋吉信 »

バナー

  • ほぼ毎日更新中!!
    Instagram

おすすめ

無料ブログはココログ