フォト

おしらせ

  • 皆さんから頂いた貴重なコメント、トラックバックですが、中には対象記事と関係ないと思われるものもあります。その様に投稿者(殆どの場合私ですが)が判断した場合、予告なく削除する場合があります。ご了承願います。
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

« アイラ島旅行記 - 出発 - | トップページ | アイラ島旅行記 - ホテルにチェックイン - »

2015-02-11

アイラ島旅行記 - 到着 -

飛行機はSaab340 で、機内は1+2の座席配置です。我々は最も奥の席でした。

飛行時間は予定通りでした。多少揺れましたが、そして夜のフライトだったので外の景色は楽しめませんでしたが、快適な空の旅でした。ちなみに、飛行時間が短いのもあって、飲み物等の機内サービスはありませんでした。

R002159418:30頃アイラ島空港に到着、そして荷物を受け取ります。写真にある扉からロビーに入り、右側に見える手前に向かって傾斜しているレーン上を荷物が滑ってきます。とてもシンプルです。

荷物を無事受け取り、バスがまだあるか尋ねようと空港の関係者を探しましたが、ロビーには
誰もいませんでした。
外を見ても真っ暗で、バス停がどこにあるかすらわかりません。


R0021593 困ってウロウロしている間に、
空港ロビーにいるのは我々だけになっていました。

途方に暮れて外を見ると、
1台のタクシーがまだ出発せずにいることに気づきました。誰かを待っているのかと思って見ていると、ドライバーと目があいました。そして「乗るか?」という感じのジェスチャーを送ってきました。近づき、助手席の窓からBowmore Cottageまで行きたいと伝えるとOKとの返事。このタクシーで向かうことにしました。

乗ってから気づきましたが、タクシーはメーター制でした。初乗り料金などは確認しなかったのでわかりません。宿までの道や距離はだいたい分かっていましたが、加算レートが分からないので総額は予想できません。

何よりも、このタクシーは安全なのかすら分かりません。

どこから来たか? 何日滞在するのか? 蒸留所に行くのか? など、一通りの会話をした後、ドライバーの名前を訪ねました。「俺はLamontだ」と言いながら名刺を渡してくれました。

アイラ島のタクシーリストを持っていたので、すぐさま確認すると、果たしてその名前はリストにありました。ようやく安心できました。

Lamontさんのお姿は「空見て深呼吸」さんのブログをご覧ください。
ちなみに、Lamontさんはピーティーなウイスキーはあまり好きではないそうです。アイラ島にも苦手な人がいるのですね。

街灯も無い、真っ暗なアイラ島の道を走ること20分弱、Bowmoreに到着しました。
料金は£13でした。

さて、次は部屋の鍵探しです。

« アイラ島旅行記 - 出発 - | トップページ | アイラ島旅行記 - ホテルにチェックイン - »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6457/61098495

この記事へのトラックバック一覧です: アイラ島旅行記 - 到着 -:

« アイラ島旅行記 - 出発 - | トップページ | アイラ島旅行記 - ホテルにチェックイン - »

バナー

  • ほぼ毎日更新中!!
    Instagram

おすすめ

無料ブログはココログ