フォト

おしらせ

  • 皆さんから頂いた貴重なコメント、トラックバックですが、中には対象記事と関係ないと思われるものもあります。その様に投稿者(殆どの場合私ですが)が判断した場合、予告なく削除する場合があります。ご了承願います。
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

« アイラ島旅行記 - ホテルにチェックイン - | トップページ | アイラ島旅行記 - Bruichladdich蒸留所訪問 その2 - »

2015-02-12

アイラ島旅行記 - Bruichladdich蒸留所訪問 その1 -

1/6/2015、Bruichladdich(ブルイックラディ)蒸留所の見学ツアーは午前10時に予約していました。Bowmoreからはバスで30分弱の距離です。

時間に余裕があったので、近所を散策しました。
昨晩、ここに到着した時は真っ暗だったのでわからなかったのですが、目と鼻の先に海がありました。そしてそこには、雑誌などの写真で何度も見たBowmore蒸留所の姿がありました。

R0021473

宿泊場所から徒歩1分でこの景色です。夢のようでした。

振り返るとBowmoreのメインストリート、そして坂の上に円形教会が見えました。

R0021475

しかし、ここで一つ問題がありました。Bruichladdich行きバスの始発時間が10時なのです。どう考えてもツアー開始に間に合いません。
駄目元で11時開始に変更してもらえないか蒸留所にメールしました。が、その時間にツアーは実施していない、ショップでのテイスティングを楽しんでくれ、との返事が来ました。

もしかして時刻表が変わっていないか、CO-OPの前にあるバス停まで確認しに行きました。

Img_2684

そこには数人の男性がいて、そのうちの一人が話しかけてきました。
Bruichladdichに行きたいのだが、と尋ねると、それなら10時にバスが出るよと、予想通りの答えが帰ってきました。

次に、Bowmore蒸留所のビジターセンターに行きました。 
昨日のチェックインまでの親切に感謝し、そして、Bruichladdichに10時までに行く方法はないか尋ねました。いろいろ調べてくれましたが、やはりバスでは無理、タクシーしかないとの答えでした。

料金のことが気になりましたが、背に腹は変えられません。呼んで貰えるというのでお願いすることにしました。折角ですので、昨晩のLamontさんに頼もうと名刺を渡したところ、この人を呼ぶつもりだったと言われました。
後から気づいたのですが、部屋に置いてあった主要な電話リストを見たところ、タクシー欄では彼が最上段に書かれていました。こちらの蒸留所のお得意様なのかもしれません。

待つこと2〜3分、タクシーがやって来ました。
余りの早さに驚いていたら、「ラッキーだったな。たまたま友人の所に行く途中で、この辺りにいたんだよ。」との事でした。近くに待機しているわけではなさそうです。
写真は運転中のLamontさん。全体のお姿は「空見て深呼吸」さんのページをご覧ください。

R0021480

Bruichladdichへは、信号の全くない海沿いの道を、湾を迂回するような形で行きます。
天気も良く順調に車は走りましたが、思ったより遠く感じました。
そして気になることが。メーターが動いていないのです。蒸留所に到着すると「今回はサービスで£20でいいよ。」と言われました。本当にサービスだったのかわかりませんが、空港からBowmoreまでの料金を考えると、安くしてもらえたように感じます。

R0021520

いよいよ、アイラ島での初めての蒸留所です。
期待に胸が高鳴りました。

« アイラ島旅行記 - ホテルにチェックイン - | トップページ | アイラ島旅行記 - Bruichladdich蒸留所訪問 その2 - »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6457/61125763

この記事へのトラックバック一覧です: アイラ島旅行記 - Bruichladdich蒸留所訪問 その1 -:

« アイラ島旅行記 - ホテルにチェックイン - | トップページ | アイラ島旅行記 - Bruichladdich蒸留所訪問 その2 - »

バナー

  • ほぼ毎日更新中!!
    Instagram

おすすめ

無料ブログはココログ