フォト

おしらせ

  • 皆さんから頂いた貴重なコメント、トラックバックですが、中には対象記事と関係ないと思われるものもあります。その様に投稿者(殆どの場合私ですが)が判断した場合、予告なく削除する場合があります。ご了承願います。
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

2010-03-06

はなまるうどん @ 京都

いつの間にか、大丸横に出来ていました。

DBE2707C-1C42-4B0E-B94F-5B18706BE015

数年前、寺町三条辺りにあったのですが、何時のまにか別のセルフうどん屋に変わっていて、何時のまにかそれも無くなっていました。
今は河原町六角辺りに丸亀製麺所があるので、うどんには困らなくなりましたが、はなまるうどんは安さが魅力!105円で食べられるのは嬉しいです。

6A3F30F1-CCD4-4606-9DB7-B58E79501C2B
かけうどん小と野菜かき揚げ、合わせて210円なり。

下河原阿月

京都・東山の甘味どころ。焼きたて三笠が絶品ですが、餡を使った甘味も美味しいです。

3075EA32-9A4E-4E12-865E-2411757426F8

亀山、温かいもの、750円。
ここのあんは、甘さ抑えてあり、小豆の味がよく分かる、本当に美味しいものです。

ちなみに、「三笠」と「どらやき」は同じものです、と、お店の人が言っていました。
でも、「三笠」の方が言い方としては古いとの事です。

2010-02-28

コリス 東山

31B8CE36-1550-486E-8D71-66EF4AAA18AF
このお店は、雑誌等のメディアに全く登場しないに関わらず、予約必須の
人気店で、とても気になっていました。

CD853817-CFD5-4398-BB1D-34B7199D6BAC
店中は照明を控えた落ち着いた感じ。店主と奥さん、二人の若いウェイトレスという構成。応対はとても丁寧で良い感じでした。メニューは1500円前後の品が中心で、午後3時半まではライスまたはパンが付きます。

AF8C2C38-75A2-4FEB-B337-704E8CF86D57
まずはそのパンが登場。二人でバケット丸々1本! トースターで暖めてあり熱々。これだけで満腹になりそうです。
C745FF2B-0D35-4A76-9390-DC0A5924BDEF
次にサラダ。20cm位の平皿に盛られています。これまた大盛り。
948F1769-12EB-4751-8E9B-757C5CEB0568
11DC34BE-C64D-42D1-828B-11E9E0B76FDB
私は豚肉とブルーチーズのカツレツを、相方はハンバーグとサーモンフライのコンビを頼みました。
前者は、2枚の豚肉(厚さ5mmほど)でブルーチーズを挟んであり、デミグラスソースの上に載っていました。ソースは甘みが殆ど無く、フルボディの赤ワインを煮詰めたようなちょい渋めの味。カツレツにナイフを入れると肉汁が溢れ出し、ソースと交じり合っていきます。食べ応え十分。一口で満腹になってしまいそうなほどでした。
サーモンフライは、3cm角くらいの塊がごろっと2個。中まできれいに
火が通っています。勿論タルタルソースで。
ハンバーグは、こちらも肉汁溢れ出すもの。私は玉葱の入ったものが好きなのですが、ここのは肉!と言う感じ。これも食べ応え十分。

どちらの料理も、ワインを飲みながらゆっくり食べるのを考えて作られているように思います。午後3時前に入ったのですが、その時「5時までなら席がありますが」と言われたのは、ゆっくり食事を楽しむのを前提にしているからなのかもしれません。

なんか疲れ気味で、ちょっと油気のある肉中心にがっつり食べたい!と言う時は最適に思えます。カツレツは定番メニューで、印刷されたメニューに載っており、後者は厨房上の黒板に手書きされていました。とてもメニューは豊富です。今度はマカロニグラタンのような、違うものを食べてみたいです。

2007-03-06

らくたび文庫

3月9日(金)に「らくたび文庫」が創刊されるそうです。

文庫サイズの京都ガイドブックで、テーマ別に写真やイラストを満載で紹介されているようです。更に魅力的なのは500円と言う値段。気軽に買えます。

私も数冊購入予定。現在の候補は、
 ・京の庭NAVI 枯山水庭園編
 ・京都・社寺参拝入門
 ・京のお豆腐
 ・嵐電ぶらり各駅めぐり
 ・京都穴BAR

店頭で眺め、近所が紹介されている本から揃えていこうと思っています。

らくたび文庫一覧

2007-03-03

今西軒のおはぎ

Img_4151Img_4141ここ「今西軒」の「おはぎ」は雑誌などでも良く紹介され、とても丁寧に餡が手作りされていると聞いていたのでとても気になっていました。店が五条烏丸から南西方向にちょっと下がった所にあり、何時もは通らない場所なのでなかなか行けなかったのだが、たまたま側を通る機会があったので立ち寄ってみました。

時間は土曜日の午後1時半。店は9時半頃から開いているそうだが、見事に売り切れていました。店の方の話しでは、晴れている時は昼前後に、雨の日でも2時頃までには売り切れてしまうそうです。手作りのため量産出来ないので仕方がないとか。
すると、近所のご婦人が来て、予約しておいたのが不要になったので分けてあげるとのこと。6個あったのですが、小さめのおはぎとは言え流石に食べきれないので3個各種類分けてもらいました。お金は要らないとも言われたのですが、それは申し訳ないので、店の方と一緒になって説得し受け取ってもらいました。

家に帰って早速頂きました。餡は少し甘めに感じました。でも上品な甘さですからとても美味しいです。きなこおはぎは中心に餡が入っています。外側のきなこは甘くないので、全体的な甘さは私にとってはこれがちょうど良かったです。

また行きたいですね。

東本願寺の近くを散歩

Img_4125Img_4128Img_4131京都駅から家に帰る途中、ちょっと遠回りして東本願寺の裏側を散歩しました。
この辺りはひっそりと、昔ながらの町並みが続く、散歩していて楽しい通りです。
色あせた昔の看板が奥の方に取り残されていたので写真を1枚。何の宣伝だろう。。
更に進むと、寸胴鍋の植木鉢にモップの花が咲いていました。なかなかシュールな作品ですが、意図されたものでは無さそうでした。
それらの横を見ると、コアラが木にとまっていました。何故こんな所に。。。

のんびり散歩、楽しいですね。

京都 たかばし

Img_4118Img_4061京都駅の東側、JR線路を越える高架道沿いにラーメン店が2軒並んでいます。
京都老舗ラーメン店の本店、「京都 たかばし 本家 第一旭」と「新福菜館本店」です。
どちらも行列の耐えない店、そして京都内に沢山の支店を持つ長年庶民の味を提供する店です。

まずは「第一旭」(写真左側)。京都ラーメンと言う感じですね。最初はこの味に慣れなかったのですが、最近は美味しく食べられる様になりました。写真はネギ多め。同じ値段で注文出来ます。
次に「新福菜館」(写真右側)。こちらは醤油ダレが強く、富山ラーメンを思い出しました。

店内は、昔からのラーメン屋と言う雰囲気で、4人がけの小さなテーブルに相席で、と言うのが普通です。営業時間が長い両店ですが、掃除は行き届いているようです。

京都にお越しの際は是非立ち寄ってみて下さい。

2007-02-23

アマーク ド パラディ 寒梅館 @ 同志社大学

Img_4101Img_4099Img_4097映画を見たあと、同じ敷地内にあるレストラン・カフェ「アマーク ド パラディ 寒梅館」に行きました。
大学内とは思えない内装、私が学生の頃とは大違いです。
けど、価格は抑えめ。繁華街から離れている事もあるのか、空いているのも良かったです。
食べたのは、フィッシュ&チップス、気まぐれピザ、ハンバーグのセット(サラダ、スープ、パンが付きます)、グラスワイン2杯。以上で一人2000円ですからお得ですね。
味も良かったです。フィッシュ&チップスに付いてきたタルタルソースとケチャップはどちらも自家製なのかとても美味しかったです。フレンチフライが普通だったのが残念でしたが。

おすすめです。

2007-01-23

焼司 喜七(きなな)

Img_3889Img_3888雑誌をパラパラと見ていましたら、近所に「焼司 喜七(きなな)」ある事が分かり行ってきました。
アイスクリーム「できたてきなな」はお店で頂いた事があるのですが、こちらは焼き菓子があります。
お店は清水寺から五条坂を下りてきて少し左に入った所。ひっそりとあるので、普通に歩いていては見つけるのが難しいかも(実際、三度目で見つけました)。
引き戸を開けて入ると、ショーケースが一つ置いてあります。後々イートインスペースも作る予定と雑誌にはありました。ケースの上にはクッキー、パウンドケーキ、シフォンケーキ。上段にはモンネグロ(¥420)とチーズケーキ(¥380)。その下には4種類のきなな餅がありました。
上段にあったケーキを一つずつ注文(そのため写真にはそれらが写っていません)。
モンネグロはモンブランと同じ形。黒豆クリームの中にはきなな餅とコーヒームースがあります。クリームの甘さをもう少し控えた方が黒豆の風味が引き立つかもしれないと感じました。が、きなな餅とコーヒーとのバランスはこのくらいの甘さの方が良いのかな。
チーズケーキは甘さ控えめで良いです。
どちらも美味しかったです。家から近い所に美味しいお菓子やさんがあるのは嬉しいですね。

鬼天狗のローカルフード万歳!!」さんで、詳しく紹介されています。

2006-10-14

車折神社の玉垣

Img_3411車折神社内にある芸能神社に奉納されている「朱塗りの玉垣」です。映画「天使の卵」の冒頭シーンで車折駅が使われていたので、もしかしたら出演者のが奉納されているかと思い探してきました。
が、残念ながらありませんでした。
米倉涼子さんのは芸能神社入り口右側の目立つ所にあります。以前見た時は、左側は開いていたのですが、今は写真の様に大御所俳優さんのが入っています。
ここを通る時、どんな人のがあるか、ついつい探してしまうのですよねぇ。

バナー

  • ほぼ毎日更新中!!
    Instagram

おすすめ

無料ブログはココログ